筋トレマインド

ジムが6月から開始できそう!今すべき筋トレとは?

志田龍太郎

東大修士取得後30代で3000万円を築き筋トレに集中するために早期リタイアした元数学教諭(麻布高など指導経験あり)の投資家。サイト+SNS運営などに取り組む傍ら英検1級勉強中。数検1級を高3で漢検1級を教諭時代に取得。現在ベンチプレス110kgで上腕40cmです。執筆などお仕事依頼などはお問い合わせからお願いします!僕が愛用しているプロテインは【Myprotein】 です。

東京も6月は自粛期間が解けそうで、

それによってジムもやっと開きそうです。

管理人
そのために今の僕たちはどんな筋トレをしてジムに臨めばいいか?を考えます

書く内容はランニングしながら考えました!

ジムでしかできないこと

まず考えるべきはジムでしかできないことは何かを本気で考え抜くことです。

そうしないとジムに行っても、いつもと変わらないトレーニングをしてしまう恐れがあるからです。

  1. ウェイト
  2. マッチョな人
  3. お金を払っている使命感

ジムでこそ意識することってこの3つです。

会話相手
最後は意外な考えですね

ウェイトトレーニングはジムだけ!

ホームトレーニーさんは、さすがにデッドリフトまではなかなか備えていらっしゃらないのではないでしょうか?

ジムは完璧です。

混み具合さえ注意すれば絶対にトレーニングできます。

管理人
そんな当たり前の幸せを僕はまた味わいたい!

頑張っている仲間がいる

僕より細い人、僕よりデカイ人、

僕より荒い人、僕より丁寧な人

色々な方がジムにはいらっしゃいます。

みんな個性があって、その中で一生懸命前に進んで筋肉と会話している

そんな空間はジムしかないですよ。

管理人
公園で会話しようとしたけどいまいちノレませんでした

お金払っているでしょ?会費!

やはり使命感です。

払っているならやらねば損だ!

という意識も追い込みには効くのですね。

管理人
総じて、ジムはなければならない存在。ジムは生きるための源ですから
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

志田龍太郎

東大修士取得後30代で3000万円を築き筋トレに集中するために早期リタイアした元数学教諭(麻布高など指導経験あり)の投資家。サイト+SNS運営などに取り組む傍ら英検1級勉強中。数検1級を高3で漢検1級を教諭時代に取得。現在ベンチプレス110kgで上腕40cmです。執筆などお仕事依頼などはお問い合わせからお願いします!僕が愛用しているプロテインは【Myprotein】 です。

-筋トレマインド
-,