勉強

【注意点あり!】統計検定3級に確実に合格する勉強方法を教えます

志田龍太郎

東京大学修士→30代セミFIRE元数学教諭(麻布高など指導)/アクチュアリー数学と統計検定1級(2024年に再挑戦)/数検1級→高3・漢検1級→教諭時代に合格/ブログ+SNS運営/現在逆手懸垂の訓練中/AmazonAssociates連携

先週受けた統計検定4級に引き続き、統計検定3級に合格することができました。

twitterで呟いたところ多くのいいねをいただきました。
ありがとうございます!

統計検定3級の合格報告

統計検定3級の勉強方法には大きな注意点があります。
本記事ではそのことをメインにお伝えしていきます。

統計検定3級の合格率

統計検定3級の合格率

この表をご覧ください。この第2列が各回の合格率を示しています。

統計検定3級の合格率は59.27%~75.63%で変動しています。
PBT時代の統計検定3級の全体の合格率は63.74%ですのでしっかり対策を行えば合格でできる試験です。

統計検定3級の申し込みでやってはいけないこと!

統計検定の申し込みでは振り込みについての指示にしっかりと従いましょう!

振込者氏名の欄を「氏名+受験番号」とするところを氏名のみにしてしまい担当の方にご迷惑をかけてしまいました。

きちんと申し込みのルールに従って手続きをしましょうね!

統計検定3級の過去問の注意点

まずは統計検定3級の試験範囲についての注意点を書きます。

統計検定3級では2020年4月から試験範囲が増えています
回帰分析や確率分布が絡む区間推定や仮説検定などです。

つまり2019年度以前の統計検定3級の過去問ではそれらの範囲がバッサリ出ていないということになりますね。

統計検定3級の過去問を学習する際は、2011年度〜2019年度、2021年度をそれぞれ前半と後半と分けて考えましょう

統計検定3級の過去問の難易度はどれくらいでしょうか?

実際に解いた結果がありますので紹介します。

統計検定3級の過去問分析

第2列目はその回の合格率を示しています。
第3列目は僕が解いたときの正解数などで()内は余った時間です。

統計検定4級と統計検定3級の難易度はどのように違いますか?

過去問での難しさは統計検定4級は時間が余ることが多かったですが、統計検定3級はギリギリという感じです。
本番での時間の足りなさはどちらも一緒です。

統計検定3級は各省庁が行っている統計調査に関する問題も1問程度出題されますので、過去問を学習してまとめておきましょう!

僕が統計検定3級の直前チェックにメモした内容はこちらです。

統計検定3級の直前チェック

統計検定3級のテキストについての注意点

統計検定3級では回帰分析系の内容が追加された過去問が1回分しかないため、過去問学習のみではその箇所の演習量が圧倒的に足りません

補うにはどのような勉強方法がありますか?

統計検定3級のテキスト『改訂版 日本統計学会公式認定 統計検定3級対応 データの分析』を真っ先に購入することをおすすめします!

統計検定4級の学習法は公式テキスト『改訂版 日本統計学会公式認定 統計検定4級対応 データの活用』で十分でした。
しかし統計検定3級は試験範囲の大幅改定があったため、過去問+公式テキストの学習が必須です

公式テキストは必ず改訂版を購入してください。改訂前のテキストは試験範囲の改定に対応していないためです。

その他、アプリなどを使った学習をしたい方は、対応するアプリを探しても良いかもしれません。
他には過去問道場やチートシートなるものもネットに転がっています。

統計検定3級の勉強時間

僕は4級に合格した直後から統計検定3級の勉強を開始しましたので勉強時間は1週間になります。

勉強方法のおおまかな流れは公式テキストと過去問でしょうか?

その通りです。
まずは『改訂版 日本統計学会公式認定 統計検定3級対応 データの分析』を章末問題も含めてすべて学習します。そして過去問を2021→2011の順ですべて解きました。

過去問に関しては過去問集が3級は統計検定4級とセットになっていますので、統計検定4級の記事で紹介したうまい買い方で購入すれば安く買えますのでおすすめです。

統計検定2級まで一気に学習する方はこちらのセットがおすすめです!

ちなみにCBT用の問題集は購入しませんでした。過去問集と被っている問題が目立ったためです。

傾向としてはやはり本番以外の過去問は表の読み取りなどが多く、最新の過去問よりも解きにくいなと感じました。
そのため最新の傾向を踏まえた公式テキストを学習することは必須です!

統計検定3級の試験日の様子

統計検定3級の結果

まず本番の試験では時間ギリギリでした
さらにどっちが正解か踏ん切りがつかない問題が数問ありました。

この踏ん切りがつかないところが正解率59%に反映されてしまっているようです。

ただし86点という点数(だいたい5ミス)なのでミスった問題はその踏ん切りがつかない箇所だったことが濃厚ですね笑

1週間後に受ける統計検定2級では踏ん切りがつかない箇所を減らす努力をしたいと思います。

まとめますと統計検定3級は(必ず改訂版の)公式テキスト→過去問で十分に合格できます

受験する方の合格を願っています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

志田龍太郎

東京大学修士→30代セミFIRE元数学教諭(麻布高など指導)/アクチュアリー数学と統計検定1級(2024年に再挑戦)/数検1級→高3・漢検1級→教諭時代に合格/ブログ+SNS運営/現在逆手懸垂の訓練中/AmazonAssociates連携

-勉強
-,